本文へスキップ

詐欺被害関連のHelp

学生ローンの疑問・質問をまとめた総合サイト

詐欺被害関連Help

  • 学生ローンの詐欺被害に関する質問・疑問です。

    学生ローンの利用者の一部に、悪質業者にお金を騙し取られるという被害にあうケースがあります。
    詳しくは学生ローン・キャッシングの案内所で解説されていますが、マルチ商法や紹介屋などが主なようです。
    「ちょっとおかしいな」と思ったら、インターネットですぐに調べられますので、お金を相手に渡す前に、よく考えるようにしましょう。

Q&A申込関連Q&A

  • 雑誌の広告を見て「実質年率6% 300万円まで即日融資可能」などの広告を見て電話したところ、別の学生ローンを紹介されました。借りられたら、後で電話するように言われました。

    これは「紹介屋」という悪質業者です。
    あたかも他社を紹介したかのように見せかけ、紹介手数料を騙し取る手口ですが、だいたい借り入れ金額の20%〜30%ほどの金額を請求されるようです。
    これは払う必要はまったくありませんので、消費生活相談窓口(役所などに行けばあります)か、警察に相談した方が良いです。警察よりも最初は消費生活相談窓口に相談した方が良いでしょう。
    こういった問題を専門に扱うプロですので、間に入ってもらって話しを終わらせてしまうのが賢明です。
  • 友達に誘われ、「必ず儲かるビジネスがあるから一緒にやろう」と誘われ、最初の投資金として30万円必要と言われた。「お金がないから」と言って断ったが、学生ローンを紹介され借りてでもやるように強く説得された。

    これは「マルチ商法」です。
    まず第一に「必ず儲かる」という言葉を疑わなければなりません。
    そんな簡単に儲かるビジネスがあるはずがないのですから。
    やはり同じように、消費生活相談窓口に相談すると良いでしょう。
  • 路上で声をかけられ、「会社の設立にお金が必要だが、投資してほしい」と誘われた。
    アルバイト料を支払うとともに、「月々の返済はこちらでやるから」と言われ、学生ローンでお金を借りさせられた。


    これは「名義貸し詐欺」もしくは、「アルバイト詐欺」といわれるものです。
    学生ローンへの支払いは、完済するまではせずに途中で返済が止まり、学生ローンから督促状が届いて、そこではじめて「騙された」と気付くのです。
    これも消費生活相談窓口と警察に相談するしか手はありません。
  • ある会社とパチンコの「打ち子」として契約したが、まったく儲からず、その会社にお金を返してもらうよう請求したが返してもらえない。

    パチンコの打ち子には2通りあり、単にお店の「サクラ」として日給1万円等の固定給が出るものと、いわゆる「攻略」によって儲け、歩合で給料を得るものがあります。
    前者はまだ給料がちゃんと貰えるのでマシなのですが、後者は問題が多いようです。
    まず素人が簡単に「攻略」を使って儲けられるほどあまいものではなく、さらに問題なのが最初に資金が何十万円も掛かるということ自体、おかしな話なのです。
    これも同じように消費生活相談窓口と警察に相談するしか手はありません。
  • インターネットでホームページを見ていたら、有料サイトに入ってしまい、びっくりして表示された電話番号にかけたら、お金を支払うよう請求された。
    「払わないと裁判になる」などと言われた。


    これは「架空請求」といわれる詐欺です。
    まったく払う必要もありませんし、払うと足元を見られ、後日二次的な被害にあう可能性もあります。
    こちらも同様に消費生活相談窓口と警察に相談しましょう。